アメリカ山公園で見たもの

横浜山手のアメリカ山公園は、地下鉄の元町・中華街の駅からエスカレーターで登って行かれます。
反対側の出口は外人墓地の横っちょに当たり、山手散策の入り口となっている公園です。
地形的にはちょうど、山手の崖が、元町商店街にに向かって突き出した、その突端のところです。
小さな公園ですが、今の季節、バラやハーブが花開いていてきれいです。
横浜の街を見下ろす景色も美しく、小さいけれど素敵な公園です。

先日、子供と一緒に山手散策に出かけました。
駅からアメリカ山公園に出ると、山の下から上がってくる風が心地良かったです。
思わずベンチに座って、しばらくゆったりと過ごしました。
首都高狩場線が目の前で、まだ、山の中腹だというのに、ずいぶん高さがあるんだ、と、ちょっとびっくりしました。

私たちの座ったベンチの目の前には、大きなフレンチラベンダーの株があって、ちょうど花盛りでした。
ピンクがかった花穂が風に揺れるたびに、良い香りがします。
その横には、さらに大きなイングリッシュラベンダーも植わっていて、これからが見ごろ感じでした。

ベンチの後ろにも様々なハーブが植わっていて、座っていると複雑な香りが漂ってきました。
一体どんな種類のハーブなんだろう、と、花壇を見て、びっくりしました。

定番のセージなどと一緒に植わっていたもの。
なんとニラでした。
夏に花が咲きます、と、ご丁寧に解説までついていました。

言われてみると確かにニラもハーブっぽく使うことは使います。
また、ユリ科なので花もきっときれいなんだろう、とは想像できます。
でも、餃子に入れる野菜が、こんなおしゃれな花壇にちょこんといるのが、なんだか場違いで、笑ってしまいました。

でも、本当にどんな花が咲くのでしょうね。
厚くなったら、また、アメリカ山に行ってみようかしら、とちょっと思っています。
ニラの花を見るために。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ